JADEA 社団法人全国農業改良普及支援協会
サイト内検索
 
 
| English | Site Map |  
トップページ 各種情報 農作業安全総合対策推進事業 平成30年度農作業安全総合対策推進事業 「PUSH」型の普及啓発活動の取組事例 1 自治体等と連携した啓発活動
平成30年度農作業安全総合対策推進事業  「PUSH」型の普及啓発活動の取組事例

1 自治体等と連携した啓発活動


(1)自治体が行う健康診断との連携
 健康診断の実施時(診断中の待ち時間や終了後)に高齢農業者等を対象として身体機能の自己チェックと啓発活動を実施

@ 茨城県鉾田市(PDF)
・年月日:平成30年11月6日
・会場:鉾田市鉾田保健センター
・実施内容「リスクカルテweb版」を活用した安全意識や敏捷性の診断、有効視野計測とこれらの結果を踏まえた「私の安全宣言」等農作業安全に向けた啓発
・実施人数及び年齢
 ア リスクカルテ:11名(43〜79歳)
 イ 有効視野計測:9名(58〜78歳)

A 山形県寒河江市
・年月日:平成30年11月15〜16日(PDF)
          及び12月17〜18日(PDF)
・会場:山形県成人病検査センター
・実施内容:「リスクカルテweb版」を活用した安全意識や敏捷性の診断、有効視野計測とこれらの結果を踏まえた「私の安全宣言」等農作業安全に向けた啓発
・実施人数及び年齢
 ア リスクカルテ:22名(40〜87歳)
 イ 有効視野計測:47名(40〜78歳)

(2)日本型直接支払制度(多面的機能支払交付金)による共同活動との連携
 多面的機能支払交付金を通じて地域の農業基盤である農道や水路等の維持管理のための共同作業に取り組む農業者等組織を対象として、安全な農作業に向けた研修や身体機能の自己チェック及び啓発活動を実施

@ 徳島県小松島市
・年月日:平成30年7月18日
・会場:大場傍示コミュニティセンター
・実施内容:農研機構 農業技術革新工学研究センター研究員及び農作業安全アドバイザー(労働安全衛生コンサルタント)を講師として、農作業事故の分析結果と改善方向、農業分野における労働安全とリスクマネージメントについての座学研修と刈払機の安全な使用に係る実地研修及び「私の安全宣言」による啓発
・参加者数:19名

A 栃木県鹿沼市(PDF)
・年月日:平成30年8月11日
・会場:下沢引田農村公園
・実施内容:農研機構 農業技術革新工学研究センター研究員及び農作業安全アドバイザーを講師として、農作業事故の分析結果、農業分野における労働安全とリスクマネージメントについての座学研修と刈払機の安全な使用に係る実地研修及び「私の安全宣言」による啓発
・参加者数:17名

B 長崎県東彼杵町
・年月日:平成30年9月9日
・会場:一ツ石農事研修施設
・実施内容:農研機構 農業技術革新工学研究センター研究員及び農作業安全アドバイザーを講師として、農作業事故の分析結果と改善方向、農業分野における労働安全とリスクマネージメントについての座学研修と刈払機の安全な使用に係る実地研修及び「私の安全宣言」による啓発
・参加者数:14名

C 新潟県見附市
・年月日:平成30年10月23日
・会場:(一社)農村振興センターみつけ
・実施内容:農作業安全アドバイザーを講師として、農業分野における労働安全についての座学研修、農業機械士による農業機械(トラクター、刈払機)の点検及び安全な使用に係る実地研修、「リスクカルテweb版」を活用した安全意識等診断の体験による啓発
・参加者数:17名(うちリスクカルテ体験者4名)

D 兵庫県淡路市
・年月日:平成30年12月9日
・会場:中持公会堂
・実施内容:農作業安全アドバイザーを講師として、農業分野における労働安全についての座学研修、農業機械士による農業機械(トラクター、刈払機)の点検及び安全な使用に係る実地研修、「リスクカルテweb版」を活用した安全意識等診断の体験による啓発
・参加者数:8名(うちリスクカルテ体験者2名)

E 大分県宇佐市
・年月日:平成31年2月16日
・会場:東ふれあい館
・実施内容:農作業安全アドバイザーを講師として、農業分野における労働安全についての座学研修、農業機械士による農業機械(トラクター、刈払機)の安全な使用に係る実地研修、「リスクカルテweb版」を活用した安全意識等診断の体験による啓発
・参加者数:29名(うちリスクカルテ体験者数1名)

F 福島県桑折町
・年月日:平成31年3月9日
・会場:伊達西根堰土地改良区会議室
・実施内容:農作業安全アドバイザーを講師として、農業分野における労働安全についての座学研修、農業機械士による農業機械(トラクター、刈払機)の安全な使用に係る実地研修、「リスクカルテweb版」を活用した安全意識等診断の体験による啓発
・参加者数:19名(うちリスクカルテ体験者数1名)

(3)農業団体等が主催する行事との連携
 農業機械展示会や各種研修会の開催時に、身体機能の自己チェックや農作業安全アドバイザー(労働安全衛生コンサルタント)を講師とした啓発活動を実施

@ 福岡県(PDF)
・行事名:「あぐりフェスタ」(農機具展示会)
・主催者:JAグループ福岡、JA全農ふくれん
・年月日:平成30年7月20〜21日
・会場:西日本総合展示場(福岡県北九州市)
・実施内容:農機具展示会等の来場者を対象に有効視野計測の実施と計測結果を踏まえた「私の安全宣言」による啓発
・実施人数及び年齢:31名(30〜83歳)

A 愛知県(PDF)
・行事名:JAまつり
・主催者:JAあいち中央
・年月日:平成30年11月10日
・会場:JAあいち中央総合センター及び安城産業文化公園 ”デンパーク” (愛知県安城市)
・実施内容:来場者を対象に有効視野計測の実施と計測結果を踏まえた「私の安全宣言」による啓発
・実施人数:4名(27〜61歳)

B 埼玉県
・行事名:秋の農業機械実演展示会
・主催者:埼玉県農業機械化協会
・年月日:平成30年11月27日
・会場:蓮田市総合文化会館 ”ハストピア”(埼玉県蓮田市)
・実施内容:農作業安全アドバイザーを講師として、「安全な農業への第1歩!」を演題とした研修
・参加者数:105名(県内農業者及び県、市町村、農協等担当者)

C 千葉県
・行事名:農作業事故ゼロ推進研修会及び日本型直接支払制度の活動中における事故防止研修会
・主催者:千葉県、千葉県農業機械士協議会、千葉県農協中央会、千葉県多面的機能推進協議会
・年月日:平成31年1月24日及び2月14日
・会場:千葉県文化会館、長生村文化会館
・実施内容:研修参加者を対象に有効視野計測の実施と計測結果を踏まえた「私の安全宣言」による啓発
・実施人数:18名(25〜72歳)

D 佐賀県
・行事名:さが農業まつり
・主催者:JAさが
・年月日:平成31年2月1〜2日
・会場:佐賀国際空港東特設会場
・実施内容:来場者を対象に有効視野計測の実施と計測結果を踏まえた「私の安全宣言」による啓発
・実施人数:17名(25〜81歳)


・行事名:佐賀県農作業安全推進研修大会
・主催者:佐賀県農林業機械化協会、佐賀県
・年月日:平成31年3月19日
・会場:佐賀市立東与賀文化ホール
・実施内容:来場者を対象に有効視野計測の実施と計測結果を踏まえた「私の安全宣言」による啓発
・実施人数:5名(52歳〜70歳)

ページ先頭へ
Copyright Japan Agricultural Development And Extension Association. All Rights Reserved.