JADEA 社団法人全国農業改良普及支援協会
サイト内検索
 
 
| English | Site Map |  
トップページ 各種情報 農作業安全総合対策推進事業 平成30年度農作業安全総合対策推進事業 「PUSH」型の普及啓発活動の取組事例 3 対話型研修による「私の農作業安全宣言」取組、及び高齢農業者の作業の配置換え事例
平成30年度農作業安全総合対策推進事業  「PUSH」型の普及啓発活動の取組事例

3 対話型研修による「私の農作業安全宣言」取組、及び高齢農業者の作業の配置換え事例
 特定の農業法人を対象に専門家を交えた現場における問題点の把握と改善活動を実施。また、高齢農業者について危険な作業から安全な作業への配置換え等に取り組んでいる事例を収集

1)静岡県(PDF)
@ 年月日:平成30年9月21日
A 場所:静岡県磐田市
B 対象:25名
C 概要
・株式会社鈴生(すずなり)の経営者と従業員を対象として「農作業安全現場改善研修会」を開催
・農作業安全を取り巻く状況、労働安全とリスクマネージメント、農作業の実態と事故事例を踏まえた改善のアプローチについて、それぞれ専門家(法人協会、コンサルタント、革新工学センター)から講義
・(株)モスファームすずなりの農業機械格納庫において、トラクター及び畝立て同時マルチャー、刈払機、動力噴霧機、フォークリフト、枝豆脱莢機、脱水機、枝豆洗浄機など主な農業機械を点検
・点検結果と併せて、参加者のヒヤリハット体験や気づきを共有するとともに、専門家からリスク、問題点、改善策などの助言
・検討結果を踏まえ、今後具体的な改善の取組方針を整理し、報告される予定

2)群馬県
@ 年月日:平成30年10月4日、平成31年1月29日及び2月28日
A 場所:群馬県伊勢崎市及び吉岡町
B 対象:a 佐波伊勢崎集落営農法人連絡協議会会員と
        農事組法人山王(モデル)(10/4) 7名(PDF)
       b 赤堀農地守り隊組合員(1/29) 14名(PDF)
       c 半田麦作組合組合員(2/28)   8名(PDF)
C 概要
・事前にアンケートを実施、その結果に基づき、各オペレーターの気づきやノウハウを共有するとともに、専門家(コンサルタント、革新工学センター)の助言を得て、農作業安全の組織的な取組として、「私の農作業安全宣言」チェックシート)を作成し、農作業安全のルールづくりを実施
・併せて、コンバイン整備研修と身体能力を把握するための有効視野計測、リスクカルテWEB版を実施

3)北海道(PDF)
@ 年月日:平成30年11月13日
A 場所:北海道津別町
B 対象:2名
C 概要
・現地(酪農家、個別経営)を訪問し、作業環境(牛舎)の調査・点検、経営者からの過去の事故状況、飼養管理等の作業状況を確認した後、関係者・関係機関により、現地点検に基づく、リスクや問題点、改善策の討議、「私の農作業安全宣言」チェックシート(酪農版)について検討
・怪我による入院の経営面への影響の確認
・安全管理に係る具体的改善点の検討(健康管理、設備の改善、作業方法の改善)
・当該農場版の「私の農作業安全宣言」チェックシートの検討・作成
・本事例から安全管理が経営の下支えとなることが明確になるとともに、農場版のチェックシートは地域版の作成にも寄与を期待

4)鳥取県(PDF)
@ 年月日:平成31年2月6日
A 場所:鳥取県岩美町
B 対象:農事組合法人大谷生産組合組合員 8名
C 概要
・事前にアンケートを実施、その結果に基づき、各オペレーターの気づきやノウハウを共有するとともに、専門家(コンサルタント、革新工学センター)の助言を得て、農作業安全の組織的な取組として、「私の農作業安全宣言」チェックシート)を作成し、農作業安全のルールづくりを実施

5)鳥取県(PDF)
@ 年月日:平成31年3月14日
A 場所:鳥取県倉吉市
B 対象:農事組合法人四王寺営農組合 3名
C 概要
・平成28年度に対話型研修会を開催し、平成29年度には「四王寺営農組合版 私たちの農作業安全宣言」取組を実施。その取り組み状況を確認するとともに、高齢農業者の配置換えによる安全に配慮した役割分担等、農作業安全に係わる取り組みを聞き取り調査

ページ先頭へ
Copyright Japan Agricultural Development And Extension Association. All Rights Reserved.