GAP関連運動推進事業

国際水準GAPの実施及び認証取得の推進は、国産農産物の2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会への供給のみならず、輸出拡大や農業人材の育成など、我が国の農業競争力の強化を図る観点から、極めて重要な課題となっています。

このため、農林水産省では、農業者及びGAPの指導者を対象に、農作業安全推進運動や農薬危害防止運動とも連携し、GAPの実施及び認証取得に必要な食品安全、環境保全、労働安全及び人権保護等の取組について、関連する法令・制度等に関する理解度を深化させることにより、GAPの実施内容の充実を図るため、「GAP関連運動推進事業」を設け、その推進を図っているところです。


普及啓発資料

平成30年度は当協会が本事業を実施することとなり、各分野の専門家による検討会を開催し、GAPに取り組む生産現場の実態調査を行いながら、関係法令・制度の背景や趣旨も含め、GAPを実施するにあたってわかりやすい普及啓発資料の作成を進めて参りました。また、作成した普及啓発資料をもとに、全国及び9地方ブロックでの研修会を開催しました。
 その後、研修会で出された意見質問等も踏まえて普及啓発資料の内容の見直しを行い、このたびとりまとめを行いました。

全国研修会の動画


普及啓発資料


普及啓発動画

農業者による国際水準GAPの実施及び認証取得の拡大を図るため、GAPが求められる背景、必要な取組、GAP認証の種類等わかりやすく説明している動画です。


関連情報


(一社)全国農業改良普及支援協会

TOPへ戻る