JADEA 社団法人全国農業改良普及支援協会
サイト内検索
 
 
| English | Site Map |  
トップページ お知らせ「担い手農家の経営革新に資する稲作技術カタログ」の改訂に係る革新技術の募集について
「担い手農家の経営革新に資する稲作技術カタログ」の改訂に係る革新技術の募集について

当協会では、平成27年度から実施している「革新技術等波及展開支援事業」において、米の生産コストの低減を図るため、公設試験場等の試験研究機関や民間企業等が開発した革新技術を集約した「担い手農家の経営革新に資する稲作技術カタログ(以下「カタログ」という)の改訂を毎年度行っています。
本年度の改訂に当たっては、昨年度に引き続き、地域への速やかな適用が可能な技術を広く募集し、カタログに追加掲載したいと考えています。
ついては、カタログへの掲載がふさわしい革新技術について、下記のとおり募集します。


                           記


1 募集する技術
 労働費の低減、資材費の低減、売上げの拡大に資する稲作技術全般
 (新たに開発された農機具、施設等及び育成された品種も含む)

2 カタログ掲載の選定基準
 @当該技術の導入効果(労働費の低減、資材費の低減、売上げの拡大)について定量的なデータがあること
 A当該技術の詳細(導入効果、導入上の留意点等を含む)について、ホームページ等で公表し、担い手農家等からの問合せに対応できること

3 カタログ掲載の手順
 選定基準に基づき、有識者(学識経験者、農業革新専門員等)で構成される「カタログ作成委員会」において検討を行いカタログ掲載技術を選定の上、本年度末に改訂されるカタログに追加掲載します。

4 募集の対象者
 担い手農家の経営革新に資する稲作技術を開発し、当該技術について担い手農家等からの問合せに対応できる研究機関、公設試験場、民間企業等

5 応募方法
 次の様式による応募用紙に必要事項を記入の上、当協会あて提出してください。
 ●募集用紙(ワードファイル)
 ●提出先
 (一社)全国農業改良普及支援協会 (担当:情報・調査部 根岸)
 〒107−0052 東京都港区赤坂1−9−13 三会堂ビル
 Tel:03-5561-9562 Fax:03-5561-9569
 E-mail:kakushinjadea.jp (メール送信時は、※の部分を@(半角)に変更してください)

6 応募期限
 平成29年12月28日(木)


※ 「担い手農家の経営革新に資する稲作技術カタログ」は農林水産省のホームページに

  掲載されています。
  http://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/info/inasaku_catalog.html

ページ先頭へ
Copyright Japan Agricultural Development And Extension Association. All Rights Reserved.