JADEA 社団法人全国農業改良普及支援協会
サイト内検索
 
 
| English | Site Map |  
トップページ お知らせ2015年度日本農業技術検定学科試験のお知らせ(日本農業技術検定協会)
2015年度日本農業技術検定学科試験のお知らせ(日本農業技術検定協会)
 本農業技術検定は、農業を学ぶ学生や農業を仕事にしたい人のための検定です。農業高校、農業大学校、農学系の大学などで学ぶ学生・生徒や、就農準備校で学ぶ人たち、農業法人で新規就農や独立就農を目指す研修生、農業後継者などに対して農業についての知識・技能の水準を客観的に評価し、教育研修の効果を高める事を目的として平19年度から実施しているものです。
  現在、農林水産省・文部科学省の後援をいただいています。
 受験者は年々増加し、2014年は約23,000人がチャレンジしました。

○日程
 第1回 平成27年 7月18日(土) 実施級:2級 3級
 第2回 平成27年12月12日(土) 実施級:1級、2級、3級

○申込期間
 第1回 平成27年 5月1日(金)〜 6月1日(月)
 第2回 平成27年10月2日(金)〜11月2日(月)

○試験会場 一般受験は東京・大阪等各地の指定会場
 団体受験は試験実施団体の準備・提供した会場

○受験料
【3級】 3,080円(一般受験)  2,570円(団体受験)  1,540円(団体受験(学生割引))
【2級】 3,080円(一般受験)  2,570円(団体受験)  1,540円(団体受験(学生割引))
【1級】 5,140円(一般受験)  4,110円(団体受験)  3,080円(団体受験(学生割引))
※団体受験の学生割引は、農業高校、農業者大学校、専門学校、大学の生徒・学生に適用。

○試験結果通知
 第1回 平成27年 8月末
 第2回 平成28年 1月末

なお、日本農業技術検定3級については、平成27年度から受験生の負担を軽減し、より受験し易くするため以下のように試験制度の改善を図ることといたしました。

【改正の内容】
1.現在の3級試験問題は、全50問中、共通問題40問、選択問題10問となっていますが、農業の専門性を考慮し、共通問題30問、選択問題20問とします。

2.共通問題の選択数を20問とするにあたり、選択問題のうち5問については、農業の地域性を考慮した10問の中から5問を選択できることとなりました。 また、環境系の選択問題については、他の選択科目より専門性が高いことを考慮し、更に3種類(造園、農業土木、林業)別に10問の中から5問を選択できることとしました。



▼お申込、出題範囲や問題集などはこちらから
「日本農業技術検定|全国農業会議所」
http://www.nca.or.jp/Be-farmer/kentei/

(お問い合わせ先)
日本農業技術検定協会(事務局:全国農業会議所)
〒102−0084 東京都千代田区二番町9−8
TEL:03−6910−1125 FAX:03−3265−5140
ページ先頭へ
Copyright Japan Agricultural Development And Extension Association. All Rights Reserved.