JADEA 社団法人全国農業改良普及支援協会
サイト内検索
 
 
| English | Site Map |  
トップページ お知らせ☆★☆ 技術と普及3月号 【地球温暖化の最新対策技術パート3、多孔質光反射シートの上手な使い方】発刊! ☆★☆
☆★☆ 技術と普及3月号 【地球温暖化の最新対策技術パート3、多孔質光反射シートの上手な使い方】発刊! ☆★☆
■特集
 『地球温暖化の最新対策技術パート3』
 『多孔質光反射シートの上手な使い方』





目次


■カラーグラビア

○雇用型経営体の育成と新品種・新技術の普及拡大
   福岡県朝倉農林事務所朝倉普及指導センター

○平成23年度『普及活動全国コンクール』表彰式

○「地球温暖化の最新対策技術 パート3」連動 カラーで見たい写真紹介


■特集 『地球温暖化の最新対策技術パート3』

○2011年産水稲の品質低下と対策
   森田 敏

○新潟県における平成23年産米の高温対策の取り組み
   水沢 誠一

○九州における水稲高温耐性品種の特性と普及状況
   坂井 真

○大分県における夏秋トマトの裂果対策等の取り組み
   廣末 徹

○岩手県におけるホウレンソウの高温対策の取り組み
   鈴木 良則

○青森県におけるリンゴの温暖化対策
   今村 友彦

○静岡県における温州ミカンの高温対策の取り組み
   小林 康志

○畜産における低コストで導入しやすい暑熱対策を目指して(長崎県)
   池田 辰也

○市場から見た夏場の花き最新動向

○温暖化に伴う害虫発生の最新動向
   森本 信生

○近年の稲麦大豆病害の発生動向
   小泉 新三


■特集2 『多孔質光反射シートの上手な使い方』

○キュウリにおける病害虫防除への光反射シートの利用
   長浜 ゆり

○夏秋トマトにおける地温抑制マルチの後張りうけ被覆による地温抑制効果と収量等への影響について
   木下 均

○シートマルチ栽培で温州ミカンの高品質果実生産
   深町 浩

○光反射シートを利用したイチジクの害虫被害軽減
   岩田 資生

○ハウスミカンのアザミウマ対策における光反射資材の利用
   松元 篤史

○生産者に聞きました・多孔質光反射シートの使用感
 

■TREND12

○農政:新しい農政展開に沿って役割高まる普及組織
   村田 泰夫

○農村:農村(地域)の魅力「生業(なりわい)カレンダー」
   西山 未真


■連載

○普及活動診断 第8回 新任者シリーズ
 普及活動の姿勢B

○外来種の最新情報と現場で取れる対策[害虫編]
 グンバイムシ
   森本 信生

○元普及指導員からのベトナム便り  
 第2回 ベトナムの農業普及指導活動
   沼田 光夫

○現場目線の農業経営〜普及活動へのヒント〜
 第3回 内部要因と外部要因
   塩崎 洋一

○地域営農情報〜東西南北〜
   協力:日本農業新聞


■シリーズ

○普及現場では、いま
 「自立した地域・活力あるむらづくり」清沢地区の挑戦
   静岡県
 普及とJAが連携して取り組む経営改善支援
   高知県

○農業気象百葉箱−2012年春
 大震災と低温の春
   清水 輝和子


■組織ニュース

○EK-SYSTEMニュース

○全協からのお知らせ板


■その他

○TOPICS 『種まく旅人〜みのりの茶〜』

○TOPICS 第22回ヤンマー学生懸賞論文・作文入選発表会


■編集部から・次号予告


                   他


定価 1部 560円(送料別)/ 年間購読 5,600円(送料込)


  -お申し込み、お問い合わせは-
(社)全国農業改良普及支援協会情報・調査部 書籍係
TEL 03-5561-9643  FAX 03-5561-9569
ページ先頭へ
Copyright Japan Agricultural Development And Extension Association. All Rights Reserved.