JADEA 社団法人全国農業改良普及支援協会
サイト内検索
 
 
| English | Site Map |  
トップページお知らせ☆★☆ 技術と普及2月号 【農外参入企業への支援、トマト栽培の最新動向】発刊! ☆★☆
☆★☆ 技術と普及2月号 【農外参入企業への支援、トマト栽培の最新動向】発刊! ☆★☆
GF1002

技術と普及 2月号

■特集  『農外参入企業への支援、トマト栽培の最新動向』

○カラーグラビア
 ・山梨県での建設業の農業参入
 ・大型集選果場を核にしたJA長生施設野菜部会のトマト周年出荷
 ・離島ならではの農業と課題への取り組みを支援

■特集  『農外参入企業への支援』

○加速する企業の農業参入の現状と今後の見通し
  農林中金総合研究所 室屋有宏

○農地法改正の概要
  農林水産省経営局構造改善課

○4年間で105社の誘致を目指す
  大分県農林水産部研究普及課 佐藤信行

○山梨県が積極的に支援する農業参入企業
  編集部

○「地域への貢献」を模索しながら進める農業参入企業への普及活動
  京都府南丹農業改良普及センター 田中淳夫

■特集  『多様化する消費に対応したトマト栽培の最新動向』

○トマト品種の最新のトレンド
  農研機構野菜茶業研究所野菜育種研究チーム 松永 啓

○熊本県産トマトの品質向上プロジェクト
  熊本県農林水産部農業技術課農業技術支援室 深田正博

○越冬・春・抑制・養液栽培の4つの作型による周年出荷が市場で好評
  編集部

○岐阜県東濃地域における夏秋トマトへの取り組み
  岐阜県東濃地域農業改良普及センター 峯村 晃

○市場担当者が見たトマトの消費動向
 〜東京シティ青果(株)朱亀寿美朗氏に聞く〜
  編集部

○講演
 消費者に本物を伝える努力が強い農業をつくる
  東京大学大学院農学国際専攻教授 鈴木宣弘

○普及センター紹介
 亜熱帯性気候とおきなわブランドを生かして離島の産地づくり
  沖縄県八重山農林水産振興センター農業改良普及課管内

○TREND10
・構造対策につながるか?戸別所得補償制度のモデル事業

○連載・シリーズ
・研究と普及
・普及現場では、いま 中国ブロック
・マンガ コウノトリに夢を託して
・フランスの農業と普及事業
・おじいさん普及員の遺言PartII(7)
・農と自然の哲学 第64回

○読者の投稿
・高さ6m カナダ アルバータ州の温室栽培

○組織ニュース
・全協からのお知らせ板
・ネットふきゅうNEWS(EK-SYSTEM NEWS)


定価 1部 560円(送料別) /  年間購読 5,600円(送料込)

  ---お申し込み、お問い合わせは---
 (社)全国農業改良普及支援協会情報部書籍係
   TEL 03-5561-9568  FAX 03-5561-9569

 

ページ先頭へ
Copyright Japan Agricultural Development And Extension Association. All Rights Reserved.